新学資保険、かんぽ生命、子供の教育資金の情報サイト

新学資保険とは?

郵便局が民営・分社化され、平成19年10月1日に株式会社かんぽ生命保険が誕生。それに伴い保険商品も全面的に見直されて、学資保険は新学資保険と名称を改めました。保険の中身は特にこれまでの学資保険との違いはなさそうですが・・・。


それでは新学資保険とはどういった保険かをお話する前に、まず学資保険とはどういった保険なのかを見てみましょう。


学資保険とは、小学生までの子供を加入対象として、将来、高校や大学などへの進学時に必要となる資金をつくる目的で積み立てする保険のことをいいます。特約を付加すれば、子供の入院や手術などにも備えることができるのもポイント。段階的に一時金を受け取れるタイプもあります。お子さんをお持ちなら、学資保険はぜひ加入しておきたい保険のひとつですね。


かんぽ生命の新学資保険には、15歳満期学資保険18歳満期学資保険の2種類があります。どちらも被保険者(お子さんのこと)の生存中に保険期間が満了したことにより満期保険金を被保険者が受け取ることができ、保険期間中に死亡された場合は死亡保険金が受け取れます。ちなみに満期保険金と死亡保険金の額は同額です。


また、新学資保険には生存保険金付のタイプもあり、これも生存保険金付18歳満期学資保険生存保険金付22歳満期学資保険の2種類があります。内容は上記の学資保険とほぼ一緒ですが、生存保険金付のほうでは、被保険者の生存中に一定期間が満了したことにより生存保険金も受け取ることができます。


なお、どちらのタイプも保険契約者(ご両親など)が死亡したときは、一定の場合を除いて、その後の保険料は払込免除となります。


加入できる保険金額の範囲は50万円〜700万円と幅広いので、子供の将来のために、小額でも新学資保険には入っておきたいところですよね。

新学資保険の特約保障の内容は?

かんぽ生命の新学資保険には4種類の特約保障が用意されています。どれも必要に思えて、つい全部の特約を付けたくなりますが(笑)、1つの基本契約に付加できる特約は最高で3種類まで。必要な特約をじっくり見極めてくださいね。


まずは付加の有無を自由に選べる災害特約。この災害特約は、子供が不慮の事故による傷害で死亡したり、所定の身体障がいの状態になったときを保障します。


保険金額500万円の基本契約に、災害特約保険金額(500万円)を付加した場合、不慮の事故による傷害が原因でその事故の日から180日以内にお子さんが亡くなると、500万円の死亡保険金を受け取ることができます。


また、不慮の事故による傷害が原因で、その事故の日から180日以内にお子さんが所定の身体障がいの状態になると、身体障がいの等級により50万円〜500万円の傷害保険金を受け取ることができます。


傷害入院特約疾病入院特約疾病傷害入院特約の3種類の特約は、いずれか2種類まで選ぶことが可能。


傷害入院特約-------不慮の事故による傷害で入院や手術、さらにその後の通院・療養が必要となったとき


疾病入院特約-------病気で入院や手術、さらにその後の通院・療養が必要となったとき


疾病傷害入院特約---病気や不慮の事故による傷害で入院や手術、さらにその後の通院・療養が必要となったとき


あなたはどの特約を選びますか?慎重にお決めくださいね。

新学資保険の保険料の払込方法は?

保険料の払込みは以下の4つから選ぶことができます。途中で払込方法を変更することも可能ですが、保険料額が変更になる場合もありますので、できれば最初に決めた払込方法を最後まで通したほうが良いでしょう。


口座払込み---かんぽ生命が指定した金融機関の口座振替により一定の期日(振替日)に保険料を払込む方法


窓口払込み---かんぽ生命指定の店舗の窓口で保険料を払込む方法


集金払込み---かんぽ生命の派遣した集金人に保険料を払込む方法


団体払込み---所属する団体を通じて保険料を払込む方法


※団体払込みを利用する場合には、一定の条件があります。